効果があった妊娠線の予防方法

お風呂上がりにたっぷりクリームを使ってマッサージ

早めのタイミングで妊娠線の予防を始める : お風呂上がりにたっぷりクリームを使ってマッサージ : 妊娠線予防はストレスを溜めずに気長にするもの

一回の使用量が多めなので、あまり高いクリームは買いませんでした。
肌に優しい低刺激な成分を配合しつつ、コストパフォーマンスの良いものが使い続けるのに適しています。
マッサージはお腹だけでなく、二の腕や太ももにも行います。
私は特にダイエットをしていたわけではありませんでしたが、それほど妊娠の前と後で体型は変わりませんでした。
しかし二の腕と太ももは若干たくましくなったように見え、放置しているとお腹と同じように妊娠線ができると考えました。
お腹にできるより目立ちませんが、できるだけきれいな肌でいたいのは本心です。
二の腕や太ももにもたっぷりとクリームを塗って、むくみを解消しつつ予防に励みました。

【妊娠線の予防方法】妊娠線ができてしまった失敗談と、予防に成功した体験談https://t.co/3dcihEtDGY
#子育てのミカタ #妊娠 #プレママ
妊娠線ができてしまったママと、できなかったママ。
違いは何だったのでしょうか?

— 子育てのミカタ編集部(公式)/子育て体験談が集まるWebメディア (@kosodate_mikata) January 7, 2021
乾燥によって二の腕にプツプツができやすかったですが、マッサージを始めてから滑らかな肌になりました。
クリームの保湿力がとても高いため、様々な肌の悩みを解決できます。
一度お気に入りのクリームが売り切れており、代わりにオイルを使ったことがありました。
そのオイルも妊娠線を予防するためのもので、同じようにマッサージの時に使いました。
保湿力の高さには不満はなかったものの、ベタついて使いにくさが目立ちました。
肌の乾燥がひどい人などオイルが合っているケースもあると思いますが、簡単にスキンケアを済ませたい私向けではありませんでした。